Microsoft Teams ビデオ会議連携

様々な端末とのシームレスな連携でTeamsをすべての会議室へ

Microsoft Teamsゲートウェイサービスは、Teams会議へ各種ビデオ会議端末を接続するための相互接続ソリューションです。ビデオ会議機器、ウェブブラウザー、モバイルアプリなど、様々な端末と連携します。Teams会議による顧客や取引先などとの社外会議も容易に開催でき、IT資産の有効活用と投資効果の向上を支援します。

【構成例】

すべての参加者をTeams会議に接続し、映像、音声、資料をフルサポートします。高価なインフラ機器やライセンスを購入・運用する必要はありません。Teams会議以外では、単体でクラウドMCUとしても利用できます。

Teams会議の【構成例】

1 マルチデバイス対応

メーカーを問わず、様々なデバイスをTeams会議に接続できます。

H.323/SIP ビデオ会議端末

H.323/SIP ビデオ会議端末

Skype for Businessクライアント

Skype for Businessクライアント

ウェブブラウザー

ウェブブラウザー

モバイル端末

モバイル端末

電話 (音声のみ)

電話 (音声のみ)

2 ユーザーの使い勝手はそのまま

Teamsユーザーは、これまで通りに会議の召集と参加を行います。操作はまったく変わりません。
ビデオ会議ユーザーは、招待状に記載のオプションから希望の方法で会議に参加します。
PolycomおよびCisco端末では、ワンクリックで接続できるJoin機能を利用可能です。

Teamsユーザーの操作画面

3 IT管理者に安心を

Microsoft Teams ゲートウェイサービスは、フルクラウドでのサービス。運用負荷が大幅に軽減され、利用に合わせて柔軟に拡張が可能です。管理者向けリアルタイムレポートツールで、いつも利用量や接続状況を確認できます。トライアルから本番環境構築までフルサポートを受けることができます。

こんな方にお勧め

Microsoft Teamsを検討または導入している方
Microsoft Teamsへの移行を検討している方
Teamsとビデオ会議端末などを連携したい方
フルクラウドのサービス利用を希望する方
ご相談はこちらから